読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深海1万メートルは“騒音”だらけ マリアナ海溝最深部で調査

深海は静かな場所だと思われがちだが、実際はクジラのうめき声やスクリューの音など、騒音に満ちている――そんな調査結果をNOAAが発表した。 水深1万メートルの深海というと、地球で最も静かな場所に思われそうだが、実際は騒音に満ちた世界だった――米海洋大気局(NOAA)とオレゴン州立大学、アメリカ沿岸警備隊が、太平洋のマリアナ海溝で行った録音調査の結果を発表している。NOAAのサイトより海底に沈められる水中聴音機昨年7月に、マリアナ海溝の最深部とされる水深1万920メートルのチャレンジャー海淵で調査を実施。チタン製のケースに収めた水中聴音機を沈め、23日間にわたって録音した。聴音機には、地震の時の地鳴り、クジラのうめき声のほか、コンテナ船のスクリュー音、偶然発生したハリケーンのどよめく音など、静まり返った深海のイメージに反して、「ほと...