読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macを狙うランサムウェア、正体が判明

Mac OS Xを狙う初のランサムウェア「KeRanger」は、Linuxに感染するマルウェアLinux.Encoder」とほとんど同じコードが使われていたことが分かった。 Mac OS Xを狙う初のランサムウェア「KeRanger」は、Linuxを標的とするマルウェアLinux.Encoder」のMac版だったことが分かったと、セキュリティ企業のBitDefenderが3月8日のブログで伝えた。BitDefenderによると、Linux.Encoderは2016年に入り、Linuxサーバ数千台に感染を広げていた。BitDefenderが調べたところ、KeRangerにはLinux.Encoderのバージョン4とほとんど同じコードが使われていることが判明した。ただ、Linux.EncoderについてBitDefenderは1月の時点でプログラミング上の欠陥を発見...