読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内スマホゲーム市場、1兆円に迫る規模に メーカー寡占化進む

矢野経済研究所によると、14年度の国内スマホゲーム市場は前年度比6割増の8950億円。16年度は9450億円と、1兆円に迫る規模に拡大すると予測している。 矢野経済研究所が3月14日に発表した「スマホゲーム市場に関する調査結果2015」によると、2014年度の国内スマホゲーム市場(メーカー売上金額ベース)は前年度比59.8%増の8950億円に成長した。今後も成長が続き、15年度は9250億円、16年度には9450億円と、1兆円に迫る規模に拡大すると予測している。矢野経済研究所ニュースリリースより。市場規模は2011年度には480億円程度だったが、わずか4年で20倍近く成長している。14年度は「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ、2012年リリース)、「モンスターストライク」(モンスト、13年リリース)などの人気が継続して市場をけん引した。15年度は...